インナーの制作


 ジェニーの洋服のうち、特に下着類はもともとラインナップが少なく、ドレスにオマケで付いてきたものが中心。そこに来て服飾品は最近殆ど売られていません。アゾンなどのサードパーティもあるにはありますが、下着や水着類はスーパーアクションボディにピッタリするものがなかなかありません。

 そこで、DIYでトップスとボトムスを作ってみることにしました。


■ブラジャーを作る

本体とカップ

 先ず採寸し、ブラの本体、アンダーベルト部とサイドベルト部だけで型紙をつくり着けてみます・・・が、思いのほかベルトが首のほうに回ってしまいます。ジェニー(SAJ)は腰がかなり括れていて三角錐のような上半身をしているためです。つまり、本物のブラジャーに比べ、「下に折れ曲がった」形状にしておく必要があるようです。修正した型紙を元にサテンの薄い生地からこの部分を切り出しておきます。

 カップ部分は何方かのブログ(失念しました)で拝見させていただきました、不織布をビー玉に貼り付けるという方法で作りました。ちぎった不織布を木工用ボンドを薄く溶いたものに浸し、ビー玉の上に重ねて行くのです。乾くと、フワフワの手触りの繭のようなものができますので、これを切り取ってカップ型に整形します。先ほどのブラの本体に貼り付けます。

ストラップ

 ストラップはサテンの10mmほどの幅のテープを買ってきまして、これを2mmに細く裁断し、切り口を「焼き止め」しています。

 焼き止めというのは、樹脂繊維などのほつれを無くすために少々溶かしてしまうことです。よくロープの切り口を固めるのに用いられます。サテンの繊維はポリエステルで融点が260℃程。ハンダゴテの先端にアルミ板をとりつけて適温にし、テープの両側を撫でる様にして焼き止めします。

 これを木工用ボンドでカップ部分に取り付けますが、カップ部分は前記したとおり不織布で弱いので、補強のためにアッパーテープを追加しています(写真でもちょっと写っています)。

 ちなみに後で出てきますが、17歳の女の子なら「見た目」重視だろうと思い、バックアジャスター構造です(後記)。

装飾

 手芸店で買ってきたレース素材からちょうど良い形をした一部分を切り出して、ボンドで貼り付けます(カップ部とサイドベルト部分)。また中央には、水色のサテンリボンを細く切り出したものを、本当にリボン結びにしまして(w)付けてみました

背中側(ストラップ構造)

 ジェニーは1/6サイズなので、ストラップが幅2mm、サイドベルトが4mmといったところか。しかし幅2mmのテープ生地が売っておらず細くても3mmまで (キラキラ銀糸入りの2mmのものを見つけ買いましたが、またの機会に)。そこで先に書いた通り幅10mmのサテンテープを裁断して作ることにしました。


 さて今回は本物と同じ構造(ストラップ調整可能)にトライします。これにはタブ(本体側に取り付けてある)とアジャスター(ストラップを折り返す)が必要です。アジャスターは「日」の字型でふたつある□の開口部は2mmのストラップを通しまた折り返すため、0.8mm×2.2mmとしました。「日」の全体寸法は、1/6サイズであることから3mm×3mm程度に留めたい。厚さ0.3mmのPET樹脂を、ピンバイス、デザインナイフ、精密ヤスリ(それと眼帯にしたルーペ)を総動員しまして作成しました。

 結果、左の図のようなストラップとアジャスターの関係にしました。ストラップはアジャスターを通りタブで折り返して、アジャスターの中央に固定されています。アジャスターを動かすとストラップの長さが変えられます。

 ホックは、ブラ完成時点では、ステン線を曲げたものをオスに、単に糸を張り出したものをメスにしてましたが、1週間ほどでメス側の糸が切断。さすがにこれではと思い、メス側はテープを丸めたものに変更。しかし耐久性の点から、まだまだ課題があります。これはショーツ同様、マジックテープ(メカニカルファスナー。後記)に変更する予定です。

 それとサイドベルトはかなり下向きに取り付けていますが、3mmのテープで当然直線のためご覧のとおり、ジェニーの身体では上にドンドン曲がってしまいます。真っすぐにするには、下向きに曲線を描くような形状にしないといけなさそうです。

■ショーツを作る(Part2)

 前回掲載(インナーを試作してみた」)で掲載したショーツでは脚ぐりが深くハイレグっぽかったので、浅くし、またもう少し飾りっ気を出すことにしました。

 そこで採寸・型紙とりをやり直し。結果、縫いしろが無いとすると下記の形になりました(クリックするとPDFファイルが開きます)。


 図の赤線は紙で型どりしたもの。ただしこれだとお尻の丸みに対し腰が少し緩くなってしまいます。そこで布で作った場合の寸法が黒線です。

 背景は方眼紙で1mm刻み。印刷の拡大率などを調整頂いて、ショーツなどを制作される際の参考にしてください。

型紙

 とりあえず下記をご覧になってください(クリックするとPDFファイルが開きます)。


 注)すみません、上記チョット説明が間違ってて、フロント側のファスナーとファスナー縫い付け部分はもう少し小さいです。後ほど修正しアップします。

 前回の試作品と同じで、紙おむつのような構造です。今回もまたマジックテープとして「メカニカルファスナー」を使う前提で身ごろのフロント側にテープのメスを、バック側にオスを縫いつけ、履かせるときはバック側からかぶせるように貼り合わせます。このときバック側のオスは、身ごろから「はみ出した」状態になります。身ごろ+テープでは厚くなってしまうため、ここは布の寸法を短くしてテープをわざとはみださせ、テープ自体を身ごろとしているのです。

裁断・縫製


 ストレッチサテンの生地を裁断しますが、あまりに小さいので切り口が気になるほど。それに薄くてしかもクルクル丸まってしまい上手く切れません。 そこで100円ショップでシール紙(剥がしやすいもの)を購入し、布をこれに貼り付けてシール紙ごとハサミで切っていきます。すると切り口が鋭く美しく裁断できます。またこの方法だと採寸はシール紙に描ければよく、布にチャコペンで描かないのできれいなままという利点もあります。





 クロッチ部分を縫っていきます。一応、縫い目が内側に出ないよう(笑)にしてます。ステッチと言いたいところですが、このサイズでステッチを縫うとゴワゴワになってしまうので普通に縫っただけです。クロッチの幅が足りてないように見えますが、これは後で身ごろの縁を折り込んで縫い付けるためです。



 前回試作品ではショーツの裾回りなどは折り込んで縫っただけですが、今回は飾りとしてフリルをつけてみます。写真の上は手芸店で1m200円ぐらいで売ってるレーステープですが、そのいちばん端がちょうどよい感じだったので切り取ってみました。これを裾回りに縫い付けていきます。



 縫ってるところ。ちなみに最初ミシンでやってみましたが相手が小さすぎて手に負えず。そこで絹織物用の小さな針を買ってきまして手縫いです。糸はここではかなり細い#90のものを使用。約2mm間隔で縫っていきますが、見た目の美しさと丈夫さのため終点まで行ったら折り返して返し縫い(って言うのか?)。帰りは糸が逆に出るように最初の縫い目をルーペで確認しながら、逆に縫っていきます。

 なお以前は待ち針を使っていましたが、あまりに巨大で邪魔なだけなので、写真のとおりテープ(マスキングテープ)を待ち針の代わりにしています。



 裾回り手前側が最初に縫ったほう、向こう側は後から縫ったほう。後のほうでは縫い方を少し変え、手で持って縫うのでなく発泡スチロールの上に広げて針をひと刺しごとに垂直に差しひっくり返して抜く(ミシンのような縫い方)にしてみました。手間は3倍ぐらいかかりますが、仕上がりが全然違います(笑)


 この後、飛ばしてしまいますがメカニカルファスナーを縫い付け、その上からウェスト部分をやはり別のレーステープの切ったものを合わせて縫い付けで飾ります。尚、ウェスト部分は伸び縮みするため、糸にレジオンの#50のものを用いています。

 フロント側にもちょこっとレースと、少し大きめのリボンで飾り付け。ちなみにこのリボンは、サテンの生地を1.5mm幅に裁断し切り口を熱処理して焼き止めしたものを加工しています。

 履かせるとこんな感じ。




 前回よりは少しはカッコよくなったでしょうか?



表紙にもどる