津軽地方ドライブ[13年5月]

青森ベイブリッジ

 八甲田山から青森市、竜飛岬と津軽地方をぐるっと巡ってきました。ちなみに上の写真は青森港にかかるベイブリッジです(REALA ACE100、f16、開放90秒)


 弘前城です。すでにソメイヨシノは終わっていましたが、シダレザクラが満開でした。まだ「桜まつり」の期間中だったこともあり、しかも5月の連休ということもあってかなりの人出でした。そのため「人目をはばかって…」というわけにはいかず、かなり堂々と写真撮ってます(^^; でもちょっと天気が悪かったのが残念。

 これもひさびさのお気に入りスナップ。モデル撮影会などではよく使う富士写の「REALA ACE」を、今回彼女の撮影に使いました。やっぱりASA100はきれいですね。このすぐ後ろに女性の花見客が居まして、撮影風景を見て「コトバ失ったわ…」などと会話してました。どーだ、まいったか!?(^^;

大きな写真を見る

 こういうアングル難しいですね。ちなみに一連の写真では彼女を三脚に乗せて撮影してます。

 青森ベイブリッジです。ホントはこの数分前まで青や緑の鮮やかなカクテルライトでライトアップされていたのですが、22:00で切れてしまいました(T_T) ちなみにカクテルライトが点灯している状態が、このページトップの写真です。それとこの写真の光源はクルマのライトを使っています。ちょっと明るすぎたかな。

 日付はかわって、竜飛岬です。割とお気に入りのショット(^_^) 岬の灯台は混雑してましたが、岬を望むこの場所は訪れる人も少なく、写真撮影に好都合でした。竜飛岬はいつでも暴風が吹き荒れており、これでも風がやんだ一瞬なのです。立たせるのに苦労しました。

大きな写真を見る

 タネ明かしをしますと、前の写真では彼女の足元の板のスキマに割り箸をねじ込んで、それを彼女のぱんつの中に突っ込んでテープで固定し、割り箸が見えないように脚の後ろに隠すようにして立たせています(^^; 同時に右足は両面テープで板に固定してます。この写真でも実はテープでとめています。座らせてもひっくり返るほど風が強かったのです。

 同じく両面テープで固定してます。パンチラ状態ですが(汗)、このサイズのスカートも靡いてしまうほどほんとに風が強かったので、左手で裾をおさえているのはポーズでなくて、こうしないとスカートが風でめくれあがってしまうからです。

 竜飛岬にある、東北電力の風力発電所基地です。山の中に何基もの風車があって、ちょっとした観光スポットになっています。写真を撮ったこの場所は道路からはちょっと見えない場所で、しかもこのようにフレームに風車と岬がおさまる絶好の記念写真スポットでした。

 これは津軽半島から南下したところの、ちょっとした海岸です。まだ夕陽というほどではありませんが、海面に写る陽の光がキラキラと美しかったものです。

 JR五能線の驫木(とどろき)という駅です。五能線にはこのように海岸に面している駅が多く、特に夕暮れ時などは列車待ちでもたいくつしないでしょうね。

 上と同じ場所から海側を見たところです。駅の雰囲気を出すために、あえて立て札を入れてみました。

 黄金崎という場所での夕陽です。ここに行くために険しい崖を下りてます(^^; たまたま船が通りがかったので、なんとも良い雰囲気になりました。

 前と同じ場所で、夕陽が沈む一歩手前です。津軽シリーズの最後はこんな写真で締めくくってみました。


「アヴァンチュール」初期画面にもどる