群馬県でウォーキング

 紅葉には未だちょっと早いのですが、群馬県が設定している「ふるさとぐんま健康のみち」を訪れてきました。

 手作りしたパンツとハイソックス(使い古した自分の靴下を縫いなおしたもの)に、以前からお気に入りのシャツを合わせました。



妙義ハイキングコース

 妙義山を眺めながら、道の駅を中心にぐるっと散策します。地図の現在地から、「俳句の道」を登ってパノラマパークに出て、反時計回りに下りて妙技神社を参拝します。

「俳句の道」を登ります。以前はこの右側に長い滑り台があったのですが、無くなっていました(故障して撤去したらしい)。


 

「妙義山パノラマパーク」です。妙義山の直下で撮影スポットです(バックに「トイレ」の案内が入ってしまいましたが・・)。

 この反対側は「関東平野が一望できる」とあるのですが、日帰り温泉の屋根や樹木が邪魔してあまりよく見えないです。

 妙義神社をお参りします。写真で見える一番奥まで登って本殿・・・かと思ったら、そこから階段があって二の鳥居、三の鳥居に登り、でお終いではなく、「男坂」という急な156段の石段が待っていました。

 参拝しまして、帰りは石段ではなく緩やかな道を下りてきます。整備されたお庭になっています。

 無数の鈴虫のようなサラサラした音色が・・と思ったら、たくさんの風鈴が風に揺られていました。



城下町小幡を歩く〜自然と歴史の散歩道〜

 午後は甘楽町に移動しまして、小幡の町を散策します。

 雄川堰という用水路沿いに養蚕農家が並んでいます。

 ウォーキングコースはその雄川堰沿いの遊歩道を登っていき、ぐるっとまわってくるコースです。

 雄川堰にはところどころ、水路の流れを勝手に変えないよう(取水権の注意書き?)立札があります。

 日本庭園の「楽山園」に来ました。ここは有料の日本庭園です(撮影・掲載許可頂きました)。紅葉の時期は見事らしいですが、未だ10日ぐらい早かった。

 

 



写真集4にもどる