避暑のため、今年も乗鞍高原にやってきました。

 で・・今回のミニワンピースも、故・中原淳一氏のデザインしたこども服を参考にさせて頂き手作りしました。ガーゼ生地を使ったのでかなり手こずりましたが・・


8月12日

 この日は子供たちとプールで遊ぶことに。白馬で1泊するので、日中は新潟の道の駅「うみてらす名立」で遊びました。朝10時前に到着したところ意外にもすんなり駐車場に(お昼には並んでましたが)。

 で、かなりのんびりして、夕方白馬五竜の予約しておいたペンション「アルプス白馬」さんに。

 ペンション「アルプス白馬」さんのディナーはコース料理。オードブル、スープ、魚料理、と出てメインディッシュの米沢牛ハンバーグ。こちらすべてのお料理が素晴らしい!街のフランス料理屋さんレベルにはあると思います!


8月13日

 こちら朝食のパン。後ろにちょっと写っているパンケーキも格別ながら、パンもいろいろ種類ありどれも美味しい!あ、書き忘れましたがお部屋は山小屋風、お風呂は貸し切りタイプです。マスターが気さくな方で家族写真撮って頂きました。

 白馬を出発し、道の駅など寄りながらのんびりドライブ。国道158号に入り、道の駅「風穴の里」に隣接する「みどのロッジ」さんでお蕎麦の昼食。ここ・・・めちゃめちゃ穴場じゃないですか!お蕎麦美味しい!!あ、前回来た時立ち寄った「風穴」にもまた行って涼んでましたが。

 乗鞍高原に13時半に到着。レンタサイクルを借りて一ノ瀬園地に向かい、徒歩で散策。写真はあざみ池です。

 本当は一ノ瀬園地を一周したかったのですが、とにかく暑いので途中まで行って引き返すことに。後になって考えてみれば、一ノ瀬園地の奥の旧牧場駐車場までマイカーで入ってから散策したほうが手っ取り早く良い景色見れて良かったかも・・・

 自転車を返却して、車で休暇村まで上がりこんどは牛留池を散策。写真は平成14年の「乗鞍岳ラストラン」で訪れた写真とだいたい同じ場所です。

 今回の宿は、平成27年にも宿泊した「けやき山荘」さんです。ここで2泊させて頂きます。

 けやき山荘さんの夕食。素朴な家庭料理ふうですが山奥のハンデを乗り越える素晴らしい味付け。馬刺しはこの地方ならではですね。ところで奥のお部屋とお風呂が4年前に訪れて以降リフォームされたように思いました。


8月14日

 この日はまた例によって乗鞍岳に登る予定でいましたが、台風が接近していることも影響し山頂は雲と濃い霧の様子。そこで奥飛騨側に抜けて新穂高ロープウェイに行くことに。

 写真は、ちょっと木々に隠れていますが西穂高岳。なんかこの辺り、ずっと昔に来た頃はもう少し見晴らしがよかったように記憶しているのですが・・・

 下の写真はロープウェイ駅の展望デッキから観た西穂高岳です。

 でお昼をまわったので、新平湯温泉にある奈賀勢食堂で昼食。「てっちゃん」にラーメン玉を入れたものを所望。美味しいのだが、1人前だとなんだかインパクトに欠けて寂しい感じ(家族は他のものを注文してた)。

 この後「飛騨鍾乳洞」に行ってみることに。一部の前評判で「?」的な部分もあることは承知の上ですが、取り合えず涼しそうなので。で国道158号を西進したら・・・鍾乳洞への接続道路からもういきなり駐車場待ちの渋滞!だって未だ1km以上あるぞ!

 流石にこれ待ってたら夕方になってしまうのでUターンして来た道を戻り、昔これができた頃から気になってた「赤かぶの里」に立ち寄ることに。ここ、要は地元名産の赤かぶの漬物を主体にしたお土産屋ですね。ただ赤かぶ漬だけで多くの種類ありどれも試食(w)できるのでなるほど人気。美味しいのでいくつか自家用に買い求めました。

 というわけで宿に戻ってきました。結局この日は新穂高ロープウェイで上下しただけのまったりした日に。その分宿で温泉に出たり入ったり。

 で、曇ってきてしまったのですが未だ少し時間が早いので、宿の対面の空き地で少し記念撮影(笑)。

 今日の夕食は飛騨牛のステーキです。ちなみに鮭のお刺身みたいなものが見えますが、長野・安曇野は「安曇野サーモン」といってマスの養殖ブランド化に力を入れてます。

 で、例によってというわけではないですが談話室の蔵書からこんなものを借りてきまして、1〜3巻読破してたり(本当は「ジョージィ!」を読んでたけど、1巻読んだあとでいったん棚に返却したら、他のお客さんに持っていかれた笑)


8月15日

 帰宅する日です。乗鞍高原の「ヤムヤムツリー」さんでバームクーヘンを買って、昨年同様に伊那・高遠に行きましてマス釣りと、ソースカツ丼・・でなくローメンを堪能して岐路につきました。