撮影:ぽん子
↑撮影:ぽん子(4才)

 久々になってしまいましたが、夏休みに家族で長野に行った折にジェニーを連れていきました。今回、ぽん介やぽん子もレフ板助手など活躍です(笑)・・・が、前線の停滞で悪天候でした。また今回はOM−1と、その辺で売ってるフィルムの組み合わせ。
(※今回、ちょっとUIを変えまして、写真のクリックかタップで大きな写真を観られるようにしました)

その1:栂池自然園


 本来初日に立山探訪でしたが悪天候で宿キャンセルなどしまして予定変更。初日は移動中心で戸隠や鬼無里をぶらぶらし、2日目は雨天で安曇野をぶらぶら。3日目ようやく栂池を散策です。今回は山地行客ということもあり、カメラは中盤のMamiyaではなく、35mmのOM−1の出動です。

 栂池自然園はどんよりとした曇り、というか標高1900mなので雲の真下というべきか。晴れていれば白馬の山々の頂きが間近に見えるはずなのですが・・・

 予定では展望湿原一周を試みましたが、天気が怪しいのと女性陣(まーじとぽん子)が疲れたとか言い出したので、銀命水まで行ってUターンし、浮島湿原周囲を散策。

 このあたりでも、山裾に目をやると残雪があります。

 このあたりでも、ちょっと山裾を観ると残雪があります。

 4才になったぽん子の撮影(デジカメ)。以下同。先ずはわたすげの湿原。

 ニッコウキスゲ。

 こちらはひょろっと高い、イブキトラノオ。


その2:立山


 4日目は早起きして立山・黒部アルペンルートにやってきました。朝6時前に扇沢に着きまして、お盆期間ということもあり3時間待ち覚悟…でしたが、思ったほど混んでおらず室堂平まで全て始発乗り継ぎで到着してしまいました(笑)

 標高2450mの室堂平は・・生憎、雲が低く(?)たちこめていて、山々の頂きを窺い知ることができません。

 ブルーベリーソフトを食べに、みくりが池温泉を目指します。

 みくりが池です。天気がこんな状況なので雷鳥が見られるのでは!?・・・と期待しましたがみつからず。その代わり、オコジョを目撃しました!!

 この後、みくりが池温泉で、3年前のGWに訪れたときに美味しかった「ブルーベリーソフト」を頂きました。

 さらにぽん介ぽん子ともまだまだ歩き足りないようですので雷鳥沢方面を目指しましたが、この日は地獄谷の火山ガスが大量に雷鳥沢方面に漂い注意報が出ていましたので、子供はキツいと判断し途中でUターン。

 みくりが池を周回する遊歩道を歩き、みどりが池にきました。室堂山荘を回りこんだところ、遊歩道沿いに残雪が残る場所があり、しばし雪遊び(?)してきました。

 いったんバスターミナルに戻り、立山ホテル内で食事をしていると、一瞬ですが立山の山頂、雄山や大汝山が望めました。

 食事後、まーじとぽん介(上のお兄ちゃん)が土産屋をぶらぶらするというので、ぎむぎむはぽん子(下の妹)を連れて再度写真です(笑)

 立山ラストは、高山植物のチングルマの花に囲まれたショットです。

 ちなみにこちらのアングルは、ぽん子(4歳)の撮影。もちっと右か左に振っていると良かったのですが、悪くない(笑)