権現堂の桜堤
 埼玉県の桜の名所、権現堂でお花見です。堤の上にはおよそ1kmにわたって桜並木が続き、その下の河原には菜の花畑が広がります。

 これは堤の上です。この下ではたくさんの屋台が出て、香ばしい匂いがただよっています(笑)

大きな写真を見る

その堤を下りていくと(写真には写っていませんが)、河原の芝生の上では大勢の人が茣蓙を広げてお花見の宴を繰り広げていました。中には桜の花びらがはらはらと散る中、寝転がって熟睡している人も。

桜の足元の菜の花畑です。北側に面しているので写真では色がきれいに出ていませんが、菜の花畑の向こうに続く桜並木は、かなり圧巻です。

大きな写真を見る

 ここの周囲では、足元をよくよく見るとあちこちで土筆が顔を覗かせています。というわけで、土筆をたくさん摘んできました。も、ち、ろ、ん、料理して食べるのが目的です(笑)

 今回は簡単な煮物にしてみました。まず土筆ですが、穂が硬い若いものか、穂が完全に開ききっているもののどちらかを選んで摘んできます。中途半端に開いているものですと、胞子が飛び散ってよろしくないので(^^; 苦いのが苦手な方は、穂が完全に開ききっているものだけを選ぶと良いでしょう。

 最初に、水につけて灰汁抜きをします。2〜3回水を取り替えながら、できれば1昼夜ほど浸けておくとよいようです。

 お湯で下茹でします。さらに灰汁を抜くのと、茹でて柔らかくし、この後の味付けを染み渡らせる役目があります。沸騰させた湯で 7、8分も煮れば良いでしょうか。若い穂の部分は鮮やかな緑色に、茎の部分は赤く色が変わってきます。しかし、ちょっと多すぎたなあ(^^;

 茹でたらお湯を捨てて、もういちど鍋に少なめにお湯をはり、茹で汁を作ります。

 仕上げです。醤油とみりん(+日本酒)で味付けします。この量で、醤油を大さじ1杯半、砂糖を小さじ2杯、塩をひとつまみ、みりんと日本酒をそれぞれ大匙2/3程度でしょうか(すみません、目分量、というかカンなので正確な量を量っていません。分量は調整してください(^^;)。醤油は「思ったよりは」少な目に、薄味にしたほうが、土筆の独特な味が出て美味しいようです。

 このまま中火でぐつぐつ煮込んで、汁が無くなる直前で火を止めます。多少焦げてしまってもそれはそれで美味しいのでOKです。

 というわけで土筆の醤油煮です。味はかなり独特で、例えようの無い「苦味」がおいしいのです。ご飯といっしょに、というより、お酒に合いますね(笑)