この時期の花といえばバラ。というわけで、バラを見に岐阜県は花フェスタ記念公園に行ってきました。帰り道には蓼科に寄って、バラクライングリッシュガーデンで一休み。

■岐阜:「花フェスタ記念公園」

 岐阜県は可児市にある、2005年開催予定の「花フェスタ」のために造成されている公園です。よく有りがちな博覧会のために間に合わせで作ったような公園ではなく、何年もかけて少しづつ整備し植木を増やしています。

 ここのバラ園が自称「日本最大」なのですが、行ってみたら、たしかにこれは素晴らしい!全部完成したときには「世界最大」になるそうな。

花フェスタ記念公園のサイト

 その1画でまずスナップ。近くでは美しいドレスを着た女の子をスタッフらしき人たちやレフ板が囲んで写真撮影をしてました。ドレスメーカーか結婚式場のカタログ写真かな?

 えーと・・・何っていったかなこのバラ?名前をメモしておけばよかった・・・ここにはなんと全部で1600種以上のバラがあり、全部をチェックしてたら1日で見きれないかも。

 バラ園がメインですが、他にもいろいろな区画があります。こんなふうにスミレが咲き誇っている場所も。この後ろにある音楽堂では地元の有志によってバラにちなんだ音楽の、弦楽による演奏会が開かれていました。

大きな写真を見る

 黄色いバラは「シャイニング・アワー」。ひとまとまりになっており、ひときわ光っていました。

大きな写真を見る

■蓼科:バラクラ イングリッシュガーデン

 長野県は蓼科高原にある、英国様式の庭園です。ここは花を楽しむというより、庭を楽しむところです。庭園の設計と施工は実際にイギリスの方が携わっていて、この日も西洋の方が庭の手入れをしていました。

バラクライングリッシュガーデンのサイト

 午後のティータイム。可愛いメイドさんがいらしたので、お願いして、モデルさんになっていただきました(笑)

大きな写真を見る

 パンジーやデイジーも美しいのですが、芝生の緑がまぶしい!

 庭園をあちこちよーく見てまわると、写真撮影スポットがいろいろ見つかります。ちなみにこれは植木鉢のすきまから見た構図です。

大きな写真を見る

 この後、蓼科温泉でお湯をもらって帰ってきました。

大きな写真を見る

「アヴァンチュール」初期画面にもどる